So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

【キッチンで洗いものするための道具であるスポンジに関する一考察-キクロンのスポンジと100円ショップの量産品の使用比較を通して-】

 本稿では、キッチンで洗いものをするにあたって、適切なスポンジの選択について論じる。洗いものに対する忌避的な気持ちを緩和させるために、スポンジの選択は十分考慮されなければならない(沼田,2018)。さらにいえば、キッチンで使用するスポンジに関して、金に糸目をつけてはならない。なぜなら、安物買いの銭失いと言われる通り、ろくな結果にならないからである(沼田,2019)。
 したがって、洗いものをする際には、信頼性の高いスポンジを選択する必要がある。具体的には「キクロン」一択である。いいかえれば、キクロン最強である。逆にいえば、まちがっても、100円ショップで、4つ100円のスポンジを購入してはならない。100円ショップのスポンジを選択してはならない理由は、次の3点である。①スポンジがすぐに汚れる。真っ黒である。②スポンジの交換頻度が高い。交換に余計な手間がかかる。③スポンジの感触が不快である。油でべとべとした手触りが残る。
 以上、100円ショップのスポンジを選択してはならない理由を3点あげた。100円ショップのスポンジは値段相応のスポンジでしかない。しかしながら、多くのあらいものをする行為者はスポンジについて十分な検討をせず、安価な廉価品を購入し、使用している現状がある。他者の高品質のスポンジを利用し、生活環境を改善するように積極的に促す必要も十分考慮しえる。また、筆者は洗いものに対して消極的である。なるべくであれば回避したい行為である(注1)。しかしながら、この行為が家事において必要不可欠である以上、積極的にとはいえないまでも、多少でも高揚感をえられる洗いもの環境を整備する必要がある。その1つの解決策として、スポンジの質を高め、スポンジの効用を高める方法が有効であろうと推測される。
 結論として、本稿では、キッチンで洗いものをするにあたって、適切なスポンジの選択について論じた。安物のスポンジを使用する問題点を3点指摘し、洗いもの環境を整備することで消極的な洗いものに対する自意識を高揚させる方法を論じた。しかしながら、他メーカーのスポンジの利用との比較分析がなされておらず、考察として不十分な点も指摘しうる。今後は他メーカーとのスポンジの併用なども通して、洗いもの環境に対する改善を目指したい。

注1 「洗いものは料理の準備の1つである」とこれを前向きに捉える言説もあり、筆者自身のヒアリングにおいても同様の回答をえたこともある。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

仕事のスピードを早くする方法-その1<悩まない。決める>

追われている。さまざまなものに追われている。
終わらないあれやこれや、迫り来るあれやこれや。
不愉快な電話、唐突な依頼、予期せぬ雑務・・・

仕事のスピード、家事のスピードを挙げるその一つの方法として、
「悩まない。決める。」だと思う。

仕事に関しては、悩むくらいなら、ひとまず決めてしまって、返信、行動する。
仕事もそうだがルーチンの家事もとにかく、効率的な処理と効率的な環境(設備)設計と配置だと思う。

この辺りのことを書いて、Kindleで公開したい。


「大は小を兼ねる」というわけで、買ったフィリップス43型モニター。
活躍しています。もうね、小さなモニター使っている場合じゃない。
「大きさこそ正義、でかいモニターこそ正義」
なんかすごくやすくなってませんかこれ、、、

https://www.amazon.co.jp/Philips-43%E5%9E%8B%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%89%E6%B6%B2%E6%99%B6%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%A4-5%E5%B9%B4%E9%96%93%E3%83%95%E3%83%AB%E4%BF%9D%E8%A8%BC-BDM4350UC-11/dp/B01D9FP20A

執筆10分
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

眠い寝てしまいそう。

眠い。眠い。
寝てしまいそうだから、とにかくパソコンを叩く。
叩くことで目を覚ます。


・・・・

・・・・

・・・・

・・・・・


・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

・・
・・・・・・・
・・・・・・・・・・


今日も疲れたなあ、でも、パソコンに向き合わないと何も進まないしなあ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【学校教育は「片付ける」という行為について体系的で実践的な方法論を学習させるべき】

書斎およびキッチンはかなり片付けて、自分の理想とする状況にかなり近づいた。
年末年始にやるべきことだったのだが、体調不良につき着手できていなかった件がやっと片付いた。やはりかなり時間がかかってしまった。

いつも思うのだけれど、どうした学校教育で「片付ける」こちについて体系的な方法論などを学習させる機会をもたないのだろうか。これだけ物に溢れた社会において、その整理整頓の方法を学ぶことは相当に価値の在ることだと思う。そういった学習がないままにその人任せにすると、かなり個人差が出てしまい、片付けられる人間と片付けられない人間で、差が出てくる。それが家庭の教育なのだという人もいるかもしれないが、自分の家庭環境を考えると、唯一、自分が片付けられない人間として、家族全員から怒られ続けてきた歴史があるので、体系的な学習とその効果としての片付ける意味、価値、方法を学ぶことができれば、相当に違ったんじゃないかと思う。

毎年、かなり試行錯誤しながらやっているわけだけれど、ちょっとずつでも改善されて、かなりまともになったと思うのだけど、そもそも「片付けろ!」「整理整頓しろ!」とだけいって、その方法を人に合わせて適切な形で指導してくれる人がいない限り、うまく片付けなんてできるようになるわけないではないか。「勉強しろ!」というが、勉強の仕方を教えなければ成績なんてあがるわけないのだ。部活動でもなんでも「練習しろ!」といいながら、適切な練習方法を教えないのは、正直、教育でもなんでもないんじゃないか。そして、現代において「片付ける」という行為は学習としてさまざまな方法論を試しつつ、習得していく必要があるのだと思うのだった。

長くなっちった。

執筆10分
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【自分で作ったチャーハンがあまりにも美味かった】

チャーハンにはあまり良い思い出がない。
なぜなら、母のチャーハンがあまりにも・・・だったので。

だから、自家製チャーハンに対して、恐れ慄く自分がいる。
だから、基本的にはチャーハンを作ってもらうことも回避してきた。
そして、自分でつくることも回避してきた。

だけれども、あまりにも冷凍ご飯が冷蔵庫にたまり、
そして、正月に食べ損ねた焼豚が冷蔵庫に鎮座しているこの状況下で、

「チャーハンしかない。」という決断に至った。

ためらいがなかったかといえば嘘になる。
とてつもなく、不味いチャーハンになってしまったらどうしようか。。。

それでも、クックパッドで調べると、わりといけるんじゃないかという自身を手にすることができた。

「おれは、やればできる男だ」

完成したチャーハンは、驚くほどうまかった。
そう、強火で炒めれば、美味しくなるのだ。

あまりの美味しさに、1人、「うめっえー」と声を漏らした。
もう外でチャーハンを食べることはないな。

チャーハンってこんなに家で美味しく食べられるんですね。
初めて知りました。
写真.jpg
執筆6分
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【今年は「あぐりー」していこうとおもう】

妻のことは愛しているんですけど、互いにツッコミが、不賛同の表明しているように聞こえて、不愉快になることがあるんですよね。同意、共感を求めているのに、余計な意見とかアドバイスとか批判はいらないわけですよね。互いにが互いに傷つけあうんです。

「いいから、そこは『あぐりー』してくれよ」と。

・・・

たとえば、
「○○て美味しいよね」「いや、店によるでしょ?」
「○○ってかわいいよね」「私に聞かれてもわからない」
「○○って重要だよね」「私はそう思わない」
みたいな

なんだかすごく疲れるんです。
話がわりとあうのはアニメ関連の話題ぐらいです。

新年、今後の長い付き合いを考えて、互いに批判ばかりして、問題点を指摘しあいのはやめよう。切磋琢磨していくことも大事だけど、やっぱり、家族としてはちょっとしたことでもツッコミあうのはやめよう(正しい情報への訂正、問題提起に対するそもそもの疑問など)。ただただ同意を示してくれるだけでもいいよね。

ということで、「『あぐりー』しようぜ!」ということになった。

今日から君も「あぐりー」しようぜ!

執筆10分


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【温泉を格安で楽しむ方法-500分の1ぐらいの値段で-】

年末、温泉行きたいなあ、家族でって思っていたんです。体中が痛くて、体が悲鳴を上げるってこういうことなのかなっていうくらい、あちこち痛かったんですよね。だけど、3人家族で部屋に温泉がついているタイプの宿って恐ろしく値段が高いんですね。
これは無理だ。一泊の温泉で、牛丼何回食べられるんだよってくらい高いんですよね。
横浜の万葉の湯とかも調べたんですけど、恐ろしい値段でした。

これは無理だあ、と思っていたんですけど、クリスマスがありましたよね。
そのとき「はいっ!」って妻がくれたんです。

温泉の素。

10回分、日本全国の温泉が楽しめて、500円ですよ。
もうね、ああ、この手があったかと。

200倍ぐらい値段ちがうんじゃんかということで、とても賢い選択だなと思ったのです。
年末倒れちゃったからいまいち楽しめなかったのですけど、やっと楽しめるようになってきました。
これで、温泉入った気持ちになりながら、お風呂の中にタブレットを持ち込んで(注1)、音楽聴きながらネットをみるのがね。
もう至福ですよ。

温泉行くったって車運転でもすることになったら、事故っちゃうリスクもありますね。
考えもしなかったなあ。

注1 ジップロック袋に入れて使えば壊れない。たぶん。

(執筆7分)


日本の名湯 源泉の愉しみ 30g 10包入り 入浴剤 (医薬部外品)

日本の名湯 源泉の愉しみ 30g 10包入り 入浴剤 (医薬部外品)

  • 出版社/メーカー: バスクリン
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【とにかくかたづける。】

(休憩)
部屋が散らかっている。特に本が山積みで度々雪崩を起こす。
平積みしておくと、必要な本が最下層に置かれていることもあって、
そんなときは慎重に慎重に本を引き出そうとするのだが、
失敗に終わるのである。

・・・


本をかたすためには部屋を片さないといけない、部屋をかたすためには、自分が書斎に使っている3F全室を片付けないければならない(なぜなら、本があちこちに散らばっているから)
そもそもそういう状況になってしまったのは寝室が散らかっているから、それを片付けないければならない。棚だ、棚が必要だ、とにかく、本を探すのが嫌なんだよ。もうとにかくうちわは捨てよう。

・・・

同時に、キッチンを片付けている。もうね、きれいなキッチンで料理したいし、効率的に料理したい。
キッチンは第二の職場だと思っている。ちょっとしたものを買い揃え、そして、料理から、洗いものまでをスムーズにこなすための環境整備を苦心している。ふきんをどうするかどか、ふきんをかわかすためにどうするかとか、キッチンペーパーをどうするか、包丁立てをどうするかとか、まな板立てをどうするかとか、タオル掛けをどうするかとか、エプロンをどうするかとか、フライ返しなどをどこに置くかとか、そういった配置などにも適当では済ませたくない。

・・・

というわけで、そんなことばかりしている。でも、これが大事なのだ。システムを根本的に変えないと、基本的にルーチンも非効率のままになってしまう。ここで頭を悩ませることできっと、劇的とはいかないまでも、それなりな効果がでるんじゃないか。
そして、そいうところで、それぞれの家庭がどのようにしているのか気になるのだ。


・・・

以上。(執筆4分)
ラフマニノフの聞きながら。


ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第1~4番

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第1~4番

  • アーティスト: ラフマニノフ,プレヴィン(アンドレ),ロンドン交響楽団,アシュケナージ(ウラジミール)
  • 出版社/メーカー: ポリドール
  • 発売日: 1995/08/02
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【2016年振り返り:「ストレスとジレンマと嫉妬にまみれた一年」】

1、自分は本当に仕事人間なのだという再認識
妻のとこは好きだし、息子のことも好きなんだが、
致し方ないとはいえ家事育児に時間を吸い取られるように日々を過ごさなくてはならないのはとてつもないストレスであり、ジレンマだった。そして、それに終わりはないのである。
これで、自分の追求する仕事(研究)で成果を挙げるのは到底不可能だ(というとすべてが終わってしまう)。
もう、心が砕けそう・・・

女性で仕事中心に生きていた人が結婚を期に家事育児で振りまわされる状況の人とやけに共感できてしまう。
「こんなことをするために生きてきたわけではない」という思いはどうしよもない黒い塊となってごろんごろんと自らの心のなかでころがるのである。


2.家事育児を仕事化する研究対象化する
といっていても仕方がない。(とわかっていても愚痴りたくなるし、叫びたくなる。)
育児に関して、医療ケア児とともに生活する男性の研究者という位置は極めてニッチということで、
この生活世界で起こるよしなしごとは博論が終わったらまとめて書き綴っていこうと思っています。
といっても、エッセイのようなものにしかならないような気もするけど、、、発表できること、できないこともあるけど、
まあ、何かしら書いてまとめてみます。

そして、家事の方は仕事(研究)として見たときにどうなのか・・・と考えるように意識的にしている。
そして、すこしでも良いものになるように(スピードをあげられるように、効率化できるように)日々考えている。
1つのタスクで、10分削れれば、その10分は一週間で一時間分だ!(何言っているの?私????)

そう考えると、いろいろと分かることがある。
料理は極めてクリエイティブで面白い。男性がはまる要因がいくつもあるように感じる。
このあたりは別途書き出すことにする。


3.嫉妬にまみれた生活
・・・正直言うと、仕事している人が羨ましい。存分に働けている人が羨ましい。悔しくて仕方がないです。
(そして、働きたくない、めんどくさいとかいう類の適当な人間が心から許せないのです。)
私はもはやそれが無理なんですよね。そう、それができない。ぶつ切りの時間しか手にすることができない。

FBって嫉妬の醸成装置なんだな、とよくよく思います。自分にないものを持っている人間を見つけて、
「ああ、いいなあ」とそういう感情を引き起こす装置。
もちろん、情報をあれこれ拾えることもあるんですけど、
基本的に自分が心の狭い人間なので、人のことを素直に祝えないんですよね。なんと捻くれているのか。。。
でも、そういう沼田を羨む対象として見ている人間もまたいるわけなんですね。不思議なことに。超必死でぜえぜえいいながら生きているんですけど。
結局、FBであっても自分の一部を切り取って見せる(見えている)だけですからね、それはよくよくわかっているんですけどねえ。

で、結局自分の「嫉妬心」を丸め込んで、あやふやにするより、燃え上がらせて、エネルギーに変えた方が良いな、健康に良いなと思うようになりました。なんて幼稚なんだと思われるかもしれないけど、これをエネルギーにして、「負けねえぞ!」とするしか、いまのところ自分の心の置き場所がないんですよね。何と戦っているのか自分でもよくわかりません。


4.矯正と改善には科学の力を最大限利用(具体的には「校正」問題)
具体的には誤字脱字が多く、パソコン利用開始時よりいっつも間違えている。間違えを再発見する力が乏しいのですよね
で、いままでなんども矯正しようと思ってきました。でもそのたびに挫折を繰り返してきました。重要なレポートを執筆する上で、極めて問題なんですよね、、、はあ、なんでだろ。すっっごく落ち込むことばかりです。もう、諦めて全面的に科学技術を使って解決しようかと。
もうその路線に舵を切るのが一番ですね。治らないものは治らない。治らないものを治そうとするのではなく、治らないものを何を使ってどのようにサポートするか、そういうふうに考えたほうが気が楽ですよね。そういうのを外注ともいえますけど、自分でどんなに頑張っても投下する力、時間に対しての見返りが予想を下回ると、本当に挫けそうになるんですよね。弱っているときは特に。校正ソフトとサービスを駆使しよう。。。

5.英語どうする?
別項で。

6.その他
やり遂げたものもあった。でも、もっとやれた、もっといいものにできた、そういう思いばかりが自分を支配します。
貪欲といえば貪欲、詰めが甘いといえば、詰めが甘い、もっと、自分はできるはずだ、という信念だけはあるのです。
おかしなことに、そういう意味では自分にやけに自信があるんですよね、もっとやれるはずだ!と。
なぜだかよくわかりません。

そして、これらを踏まえて2017年の沼田が掲げる3つのキーワードにつながります。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

【2016年 沼田が読んだ絵本ベスト5】

順位付けは難しいのですけど、特によかった本5冊を挙げてみましょう!
素敵な絵本があったら教えてください!

~~~~~~~~~~~~
5『きんぎょがにげた』1982,五味太郎

きんぎょが にげた (福音館の幼児絵本)

きんぎょが にげた (福音館の幼児絵本)

  • 作者: 五味 太郎
  • 出版社/メーカー: 福音館書店
  • 発売日: 1982/08/31
  • メディア: ハードカバー


五味太郎さんを絵本好きで知らない人はいないでしょう・・・
私もそれほど多く読んでいる方ではないです。ただ、この本は本当によいのです。
これ、タイトルが「金魚が逃げた」なんですけど、内容は最後まで読むとちょっと違うんですね。
実は友達を見つけたくて、1人でいるのが嫌で、逃げ出した金魚の話なんです。
「きんぎょがにげた」「またにげた」みたいな簡単な日本語しか使っていないのですけど、
最後の絵までみると、実は、友達を、そして、恋人探しに行ったのかも、と思うわけです。
だから「仲間を探しに」とかなんですね。きっと。
1人が寂しくって、窓から飛び出していく金魚のことを考えると、ちょっとほろっとするんですよね。



4『あめのむこう』2009,水野翠

雨の向こう側ってどうなっているんだろう?
そんなふうに子ども心に思ったことありませんか?

私はあります。
特に台風とか、ワクワクしちゃって、暴風雨の中、黄色い傘をもって外に出て、
びしょ濡れになり、傘を壊して帰ってきては怒られるという典型的なアホ男子だったわけです。

この物語はもっとほっこりしています。
動物たちが「あめのむこう」に歩いていきます。
ワニさんが仲間を増やしながら歩いていきます。

読んでいると気づくのですが、動物たちがしりとり順になっているんです。
最初わからないんですよね、、、こういう小ネタに。。。

同じ水野翠さんで、「わらってわにさん」という絵本もとっても素晴らしいです。
この二冊はどうも作者が横浜旭区の方らしいということで、会ってみたいものだ。。。

また、漫画で『よつばと!』という漫画があります。この漫画で「たいふう」の話があるのですが、
これと自分の記憶とつながってきます。こっちは大笑い。



3『パパ、お月さまとって!』エリック・カール,もりひさし(訳),1986

パパ、お月さまとって!

パパ、お月さまとって!

  • 作者: エリック カール
  • 出版社/メーカー: 偕成社
  • 発売日: 1986/12
  • メディア: ハードカバー


エリック・カールといえば『はらぺこあおむし』ですけれど、
こちらのほうが個人的には好きです。

なぜかというと、主人公がパパと娘だからです!(うちは息子だが)
パパが主人公の絵本はママが絵本の主人公の絵本と比べて圧倒的にすくないです。
(これはジェンダー研究でも盛んにやっているでしょうが)
そんななか、エリック・カールはやってくれました。ただの親ばかの物語ですけれども、
こんなにロマンチックに描いてしまうところが絵本作家ですね。
可愛い娘から「お月さまとってきて!」と言われてらどうしましょう?
その答えはここにあります。
娘がいたら、絶対に読むべし。
とってもシンプルなのですが、
夜空の描き方と梯子とちょっとした仕掛けがとっても素敵です。
ちなみに、このお月さまは、『はらぺこあおむし』でも登場してきますね。
梯子を持ったパパの絵はポストカードで売っていないのか、スキャンして取り込もうかと悩むぐらい絵が素敵です。



2『おおきなかぶ』A・トルストイ再話,内田莉莎子(訳) ,佐藤忠良(画),1966

おおきなかぶ

おおきなかぶ

  • 作者: A.トルストイ
  • 出版社/メーカー: 福音館書店
  • 発売日: 1966/06/20
  • メディア: 大型本


知らない人はいないぐらい有名な絵本ですね。
やっぱり素晴らしいです。

個人的に好きなところは、株を植えてから、大きくなる過程をすっぽりすっ飛ばしているところですね。
「おいおい!そこはどうなった!?」と突っ込みたくなるのですが、
とにかくよくわからない力(?)で大きくなります。
そして、仲間を増やしながら株を抜こうとみんなで頑張るわけです。
で、このときの「うんとこしょ どっこいしょ」「それでもかぶはぬけません」の繰り返しが、
リズミカルで気持ち良いのです。
物語はかぶを抜いて終わり・・・そのかぶはどうなったんだろう・・・と考えるのも楽しいです。
おじいさんが独り占めしたのか、均等に山分けしたのか、それとも領主にでも持って行かれたか。。。

これ、私はソリダリティ(連帯)の話かなって思うのです。
かぶっていうのは、帝政ロシアの巨大な何か、権力の象徴でしょうか?それを打倒するために力を合わせる・・・というメタファーなのかな、と思いました。(なんの根拠もありません)日々の生活では反目し合うおじいさん、おばあさん、まご、いぬ、ねこ、ねずみが利害関係を越えて巨悪(?)に対抗し打ち倒す・・・という物語なのかしら?と考えると非常に可笑しく感じます。ちなみに、おかあさんとおとうさんはどこに行ってしまったの?とか、いろいろ疑問がわき、ちょっと描かれないところにまた、なにかあるのかもしれないと物語の深さを勝手に感じています。



1『はじめてのおつかい』筒井頼子(作),林明子(絵),1977

はじめてのおつかい(こどものとも傑作集)

はじめてのおつかい(こどものとも傑作集)

  • 作者: 筒井 頼子
  • 出版社/メーカー: 福音館書店
  • 発売日: 1977/04/01
  • メディア: ハードカバー


超有名な絵本。年末年始などの特番でやっているテレビ番組なんかもこれが元ネタなんですよね。
さて、この本、とても素晴らしい本です。何が素晴らしいかというと、いくつかあります。

その1つが終わり方なんですね。
いままで読んできた絵本の中でその終わり方は特に秀逸です。
この物語は、5歳のみいちゃんがはじめてのおつかいに家から出発して、
帰ってくるところまでの物語です。
しかしながら、実際には物語は家にかえる途中で終わってしまうのです。
どういうことかというと、家にかえる途中にお母さんと合流して物語が終わるのです。
お母さんが家で待っていられず、迎えに来てしまうんですね。
初めて読んだときは「え、ここで終わるの?」と思いました。中途半端なんですね。
でも、よくよく考えると、この物語は子どもが「はじめてのおつかい」に出発する物語でもあると同時に、
お母さんが子どもに対して「はじめてのおつかい」を頼む物語なのですね。

最初と最後でしか登場しないお母さんですが、子どもがおつかいに出かけているときのお母さんの様子を思うと2つの時間軸があることがわかります。主人公はおつかいに行くみいちゃんです。でも、裏の主人公はお使いをお願いし、家で待っているお母さんなのですね。その2つの時間が再び一つになって物語が終わるのです。だから、物語を読みながら、「このときはお母さんは何をしているのだろう?どんな気持ちなんだろう?」と考えるととっても味わい深い作品です。傑作ですね。

そしてもう1つ、それは女の子を描く画力ですね。女の子の重心を描くのがすごく上手なんですよね。画力まったくない沼田ですが、なぜこんなに上手に感じるのか・・・ちょっと壁により掛かる、ちょと怯えている、大声で叫んでいる、、、といいったそれぞれの場面での子どもの切り取りかた、絵でみせる体の重心のかかり方がすごく上手に描けていて、臨場感があります。

他にもいろいろと仕掛けがあって面白いです。名作ですね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。